まずは話を聞いてみよう!プログリットの無料カウンセリングはこちら>

パラフレーズとは?ビジネス英語で重要な理由と効果的な練習方法を解説

英語を勉強しているとパラフレーズという言葉を耳にすることがあるでしょう。パラフレーズとは、同じ意味の英文を単語や構文を変えることで言い換えることです。

パラフレーズを使えば英語での表現力が上がるため、日常英会話などの学習だけでなくビジネス英語を学習する際にも効果を発揮します。特にビジネス英語では誤解が生じないようシンプルで的確な英語で伝えることが求められますが、同じフレーズを繰り返して使うと幼稚な印象を持たれてしまうこともあるため、パラフレーズを使うことがとても重要です。

また、パラフレーズを使えるようになると伝えたいことを頭の中ですばやく概念化することができるようになるため、スピーキングの向上にもつながります。

今回は、パラフレーズが英語学習において重要な理由やメリット、パラフレーズの実例、効果的な練習方法などを解説します。

もくじ

パラフレーズとは意味を変えずに言い換えること

パラフレーズとは、同じ意味の英文を違う表現で言い換えることです。英文の単語や構文を置き換えることでより分かりやすくしたり、同じフレーズを使うのを避けて表現豊かに伝えたりするときに役立ちます。

言い換え表現は日本語にもあります。たとえば「昼食」を「ランチ」「お昼ごはん」などと別の単語で言い換えたり、呼びかけるときには「おばあちゃん」、目上の人に伝えるときには「祖母」などとTPOに応じて使う表現を変えたりと、スムーズに会話するために日常的に使っていますよね。

英語も日常会話の中でパラフレーズが使われるのが一般的なので、パラフレーズという言葉を知らなかった人でも英語を学ぶ中で自然と触れているはず。パラフレーズを使えるようになると英語での表現力がぐんと上がります。

ビジネス英語でパラフレーズが有益な理由

パラフレーズはビジネスシーンでもよく使われているため、ビジネス英語を学んでいる人にとっても重要な表現方法です。特に仕事で英語を使うために短期間で英語力を伸ばしたい場合、パラフレーズの重要性を理解して習得することで大きな効果を得ることができるでしょう。

ここでは、ビジネス英語でパラフレーズが有益な理由をご紹介していきます。

ビジネス英語ではシンプルで明解な英語が好まれる

ビジネス英語は難解な単語や構文を使う必要があるなどレベルが高いと思っている人もいるかもしれません。しかし実際には、ビジネスシーンでは高度な英語を使うより、シンプルで明解な英語表現を使うことが重要です。シンプルな英語を使うことで誤解が生じにくくなり、ビジネスをよりスムーズに進めることができるからです。

もちろんビジネス英語ではフォーマルな表現や相手を尊重する丁寧な表現が必要ですが、その際に難しい英語を使おうとする必要はありません。むしろ、難しい英文の意味を変えずにシンプルで理解しやすい表現に言い換えるほうが好まれます。そんなときに、パラフレーズを効果的に使うことで上手に表現することができるのです。

何度も同じフレーズを使わないことで流暢に聞こえる

日本語と比較すると、英語では同じ単語やフレーズを繰り返し使うことを避ける傾向があります。日本語の感覚で同じ表現を繰り返していると、特にビジネスシーンでは幼稚な印象を与えてしまうことがあるので注意しましょう。

パラフレーズを使うことで同じフレーズを何度も使わずにコミュニケーションをとりやすくなるため、より流暢な英語を使っている印象を与えることができます。難易度の高い英単語や構文を使う必要がないので、パラフレーズを使えるだけで同じレベルの英語力の人よりも会話の洗練度を上げることができるでしょう。スマートな表現ができるようになることで、ビジネスパーソンとしての信頼感にもつながるはずです。

パラフレーズを勉強するメリットとは

パラフレーズを勉強することは、ビジネスシーンだけでなくすべての英語学習者にとってさまざまなメリットがあります。パラフレーズを学習するモチベーションを上げてキープするためにも、どんなメリットを得られるか理解しておくことが大切です。

ここではパラフレーズを学ぶメリットをポイントごとにご紹介しますので、ぜひチェックしてください。

英文作成(スピーキング・ライティング)スキルが上がる

working hands on blurred paperwork and laptop for working concept

パラフレーズを学習すると同じ意味の英文をさまざまな表現でアウトプットできるようになり、英会話の表現力がより豊かになります。パラフレーズを学ぶこと自体が英語力の向上につながるため、スピーキングやライティングといったアウトプット系のスキルを伸ばすことができるでしょう。

同じことを伝えたり質問したりする場合でも、パラフレーズによってニュアンスを変えることができれば日常会話でのカジュアルな表現とビジネスシーンでのフォーマルな表現を使い分けることが可能になります。

また、英語でのいろいろな言い方を知ることで英会話に自信がつくというメリットも。英語を話すのが楽しくなれば、上達スピードも速くなるでしょう。論文作成に役立つ

英語では同じフレーズの繰り返しを避ける傾向があると先ほどご紹介しましたが、その傾向は文章だとさらに顕著です。論文などで同じフレーズを繰り返し書くと、それだけで稚拙な印象になってしまいます。パラフレーズを効果的に活用することで論文の質を上げることができれば、文章により説得力を持たせることも可能になるでしょう。

実際に、留学生が論文作成のためにパラフレーズを学ぶこともよくあります。例えば参考文献を自分の論文に引用する際には、前後の意味を読み取りながら自分の論理展開に合わせて細部を言い換える必要があることも。このような場合にパラフレーズを使えると、納得感のある文章を展開することができるようになります。

基本的な単語と構文でコミュニケーションができる

パラフレーズには簡単に使えるパターンもあります。このようなパターンをいくつか覚えておくことで、シンプルな単語と構文で流暢なコミュニケーションができるようになります。

たとえば、「~したいです」というときに “I want to ~.” だけでなく “I would like to ~.”という言い方も覚えておけば、”want”ばかりで表現がマンネリ化するということも減り、よりナチュラルな会話ができるでしょう。パラフレーズのパターンを覚えておくだけでも、英語学習の早い段階から実践の場で役立てることができます。

また、英語から英語への言い換えを学ぶことで日本語を介さずに英語を理解することにもつながります。翻訳せずに英語のまま理解することができれば、スピーキングやライティングだけでなくリーディングやリスニングといったスキルの向上にも役立ちます。

効率的に語彙を増やせる

パラフレーズは同じ意味の文章を違う単語や言い方で表現することなので、似た意味の語彙をまとめて覚えることができ、効率的にボキャブラリーを増やすことができます。

英単語の暗記が苦手な方もいるかもしれませんが、新しい単語はもともと知っている単語と関連づけると記憶に残りやすくなります。パラフレーズを学習しながら同じ意味を指す単語を覚えていくことで一度に複数の語彙を増やせるため、短期集中で英語力を高めたいときにも効果的です。

また、最初に関連づけて覚えることで、会話や文章を頭の中で組み立てるときにもスムーズに複数の単語が思い浮かぶようになります。会話の中で瞬時にパラフレーズを使うためにも、同じ意味の語彙をまとめて覚える方法はおすすめです。

語彙の暗記方法についてもっと知りたい人はこちらの記事もどうぞ

あわせて読みたい
おすすめの英単語の覚え方5選!覚えられない理由ややりがちな失敗も解説 英語学習に取り組むなかで、「英単語を覚えようとしてもなかなか覚えられない」「勉強したのに忘れてしまう」と悩む方は少なくありません。英単語の知識は英語力を高め...

TOEICのスコアが上がる

TOEICや英検などの資格試験でもパラフレーズに関する問題が頻出しているため、パラフレーズの学習はスコアアップに直結します。

会話文などの短文の空欄を埋める問題では、前の人の会話をパラフレーズで言い換えた単語を選ぶ出題もあります。またリスニングやリーディングの長文問題では、質問の選択肢に出てくる文章が、問題文中の英文を言い換えたパラフレーズを使っていることも多いです。このようなパラフレーズを理解しているか試す問題を出すことで、受験者の語彙力や表現力を測っているのです。

TOEICや英検での言い換え表現はそんなに難しくないことも多くあります。パラフレーズに慣れておくだけですんなりと解ける問題もあるので、効率的にスコアアップを目指すためにもパラフレーズの勉強をしておくのがおすすめです。

ビジネス英語で取り入れやすいパラフレーズ実例一覧

パラフレーズにはパターンがあります。代表的なパターンをいくつか覚えておくだけでも、スムーズに言い換えられるようになるでしょう。

日本の英語教育ではパラフレーズはそこまで意識されないことも多いので、学校で見たことがないフレーズもあるかもしれません。ワンランク上の英語表現ができるようになるためにも、ぜひ目を通しておきましょう。

①代名詞に言い換える

名詞を代名詞に言い換えるパラフレーズは非常に一般的です。日本語では「りんごがほしい。りんごを買える場所を教えてください。」のように、同じ単語を続けて2回使っても違和感はありませんが、英語ではこのような表現を避けるために “it” や “one” などの代名詞を使います。

  • パラフレーズを使わない表現

I want an apple. Could you tell me where I can get an apple?

  • パラフレーズを使った表現

I want an apple. Could you tell me where I can get it?

同じ単語を繰り返すよりも、代名詞で言い換えることによってこなれた印象になります。シンプルな方法ですが代名詞での言い換えにも慣れが必要なので、自然な英語を話すために練習すると良いでしょう。

②同じ主語ばかりを使わない

自分の意見や思いを伝えるときに、つい “I” ばかりを主語にしてしまっていませんか?主語が “I” ばかりだと子どもっぽく聞こえて幼稚な印象になりやすいため、主語を変えて表現ができるパターンを覚えておきましょう。

たとえば、「私はこの本で英語の文法を勉強しています。」と言いたいときの2つの表現を見てみましょう。

  • I study English grammar in this book.
  • This book teaches English grammar.

どちらも同じ意味の文章ですが、主語が “I” になっているか “This book” になっているかという違いがあります。前後の文章と適宜主語を変えることで、会話が単調でくどくなるのを避けることができます。

ビジネス英語でも “I think~” , “I believe~” , “I suppose~” など “I” を多用するのではなく、 “It is believed〜.” などの構文を使うことでより豊かな表現ができるでしょう。

③be動詞を使わない

「~は…だ」と表現するときに英語初心者でも使いやすいのがbe動詞ですが、簡単だからとbe動詞ばかり使っているとまどろっこしい言い方になってしまうことも多くあります。

たとえばこの2つの文章では、どちらがよりシンプルでしょうか。

  • He is an English teacher.(彼は英語の先生です。)
  • He teaches English.(彼は英語を教えています。)

be動詞を使おうとすると、動詞の前と後の両方に意味のまとまりを作る必要があるため文章が長くなる傾向があります。そこでteachのように単語自体に意味がある動詞を使うことで、動詞の前後に名詞を付けるだけで意味が通る英文を作ることができ、よりシンプルで伝わりやすい文章になるケースも多いです。

また、受動態ではなく能動態にすることでシンプルな表現になることもあります。たとえば「この曲はみんなに愛されています」という文章を英語にするとき、「~されています」という語末につられて受動態の文章を思い浮かべる人も多いかもしれません。

  • This song is loved by everyone.(この曲はみんなに好かれています。)

ですがこの場合は、あえて能動態にすることでよりシンプルに表現することができます。

  • Everyone loves this song.(みんなこの曲が好きです。)

④When〜をin/atで言い換える

接続詞を前置詞で置き換えるパラフレーズを覚えておくと、英語がよりスマートになります。

たとえば「大阪に行ったらたこ焼きを食べてみるべきです」と言いたいときの表現を見てみましょう。

  • When you visit Osaka, you should try to have Takoyaki.
  • Try to have Takoyaki in Osaka.(大阪ではたこ焼きを食べてみてください)

接続詞を使う場合、”you visit Osaka” と “you should try to have Takoyaki” という2つの文章を作る必要があります。前置詞の “in” を使ったフレーズに換えることで、文章を短縮してスマートに伝えることができるようになります。

⑤使いまわせる便利なパラフレーズを覚えておく

よく使われる言い換え表現を覚えておくと、簡単にスムーズなコミュニケーションができて便利です。いくつか例を挙げておきましょう。

  • 「I 〜ed.(I did~.)」→「I used to~.」(~でした、していました。)
  • 「I think~.」 → 「In my opinion, ~.」(~だと思います。)
  • 「I want~.」→「I would like to〜.」(~したいです。)

これらは日常会話だけでなくビジネス英語でも十分使える表現です。言い換えができるだけでグッと表現が豊かになるので、瞬時に使えるように練習しておきたいところですね。

パラフレーズを効果的に習得するコツ

いくつか実例をご紹介しましたが、単語の言い換えレベルも含めるとパラフレーズは無数にあります。パラフレーズは「これだけ覚えておけば良い」というものではなく、日々の学習の中で意識して習得していくことがポイントです。また、会話の中でとっさに使えるようにしておくことも欠かせないでしょう。

ここからは、パラフレーズの習得におすすめの学習法を紹介していきます。

英英辞典を使う

英英辞典は英単語を英語で説明している辞書。日本語でいう国語辞典のようなものですね。

英語を日本語に変換して覚えると単語単体の知識になってしまいがちで、パラフレーズにつながりにくいです。一方、英英辞典では英単語の意味を別の英単語や表現で言い換えて解説されているため、そのままパラフレーズの学習になります。英英辞典に出てきた単語で分からないものがあればそれも一緒に関連付けて覚えることができ、英語のボキャブラリーをどんどん増やすことができます。

英英辞典では、日本語を介さずに英語を学べることもメリットです。ネイティブがその単語をどのように使っているのか分かりやすく解説されているため、ネイティブ特有の感覚やニュアンスをより正確に把握しながら知識を付けることができます。

英英辞典の選び方はこちらの記事で解説しています。

あわせて読みたい
おすすめの英英辞典はこれだ!「ロングマン」や「オックスフォード」など徹底比較! 「英英辞典ってたくさん種類があってよく分からない、結局どれがおすすめなの、、、」そんなお悩みをよく聞きます。安心してください、英英辞典にはそれぞれ特徴がはっ...

類語辞典を使う

類語辞典は同じような意味を持つ言葉をまとめたもの。類語はもちろん、同じ意味を指すくだけた表現やフォーマルな表現を知ることができ、例文も載っているのでネイティブがその単語をどう使っているのか学ぶことができます。

効果的な使い方は、よく使う単語やすでに知っている単語を類語辞典で調べて、他の単語と関連づける方法。すでに知っていた単語の理解を深めることにつながったり、新しく出会った知らない単語を関連付けて覚えたりすることができます。類語の使い分け方も学べるので、類語辞典はパラフレーズの学習ツールとして活用できます。

類語辞典としては利用している人が多い『Oxford Learner’s Thesaurus』のほか、シソーラス類語辞典はウェブでも利用できるのでおすすめです。

https://www.thesaurus.com/

ネイティブに言い換え表現を聞いてみる

ネイティブの友人や英会話の先生などに言い換え表現を聞いて学ぶのも良いですね。本来、言い換え表現には高い英語力が必要なので初心者が独学で学ぶには難しい場面もあると思います。そんなときには知っている人に聞くのが一番です。文章が長いと感じたり自分には理解しにくいと思ったりしたときなどに、もっとシンプルに言い表すことはできないか聞いてみるとより実践的な表現を学べることもあるでしょう。

ネイティブの知り合いがいない場合には、オンラインなどで英会話を始めたりランゲージエクスチェンジのパートナーを探してネイティブの友人を作ったりするのもおすすめ。英語学習のスピードを速められるだけでなく、ネイティブとの何気ない会話を通して異文化を知ることができるなど、英語学習のモチベーションアップにつながるような交流もできるかもしれません。

オンライン英会話の活用術についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
オンライン英会話は効果なし?英語力を上げる活用術とメリットを解説 時間の融通もきき、安価で受講できるオンライン英会話は忙しいビジネスマンの方にとってありがたいサービスですが、「オンライン英会話は効果がない」という受講者の方...

アウトプットの機会を持つ

パラフレーズは知識として知っておくだけでなく、実際の会話の中でとっさに口をついて出てくることが重要です。オンライン英会話などで毎日英語を話す機会を作るなど、アウトプットの機会を多く持つことでパラフレーズに慣れていき、実際に使える知識にしておきましょう。

英会話では、言いたいことがとっさに言えなくて諦めてしまうこともあるかもしれません。ですが、諦めずに自分ができる表現に言い換えてみる努力を怠らないことが重要です。言葉に詰まったときこそパラフレーズを習得するチャンスだと考えて、粘り強く学習していきましょう。

パラフレーズを効率的に習得! プログリットの短期集中メソッド

パラフレーズを身につけるには、英語のインプットとアウトプットの機会を増やすことが不可欠です。とはいえ、忙しいビジネスパーソンにとっては英語学習の時間を確保するのはなかなか難しいかもしれません。

そんなビジネスパーソンにこそおすすめなのが英語コーチングです。プログリットは3カ月でビジネス英語を身につけられるマンツーマンの英語コーチングサービス。パラフレーズでスピーキングを向上させるだけでなく、コーチングによってその他のスキルも総合的にアップさせることで、短期集中でビジネスで使える英語力を身につけることができます。

英語で仕事をする際に必要な英語力が短期間で身につくだけでなく、英語習得のための理論が身につくので、プログラム終了後も自分で学ぶための学習習慣を定着させることができます。ビジネスでの活用を目的に、短期集中で英語力をアップさせたい方におすすめです。

パラフレーズのトレーニングで英語力に自信をつけよう

パラフレーズの習得が英語学習に重要な理由やメリット、パラフレーズの実例、効果的な練習方法などを解説してきました。

パラフレーズを学ぶことで英語のさまざまな言い換え表現が身に付きます。言い換え表現の学習はすでに知っている単語やフレーズの理解を深めることにもつながってきます。ビジネスシーンでも複雑な言い回しを覚えようとするのではなく、パラフレーズで柔軟に言い換えることでシンプルで伝わりやすい英語になりますよ。

パラフレーズを自然に使いこなせるようになることで表現の幅が広がり、自信を持って英語でコミュニケーションができるようになります。TOEICのスコアアップにもつながるので、紹介した実例などをもとにパラフレーズを習得していきましょう。

プログリットについて

プログリットは、3ヶ月集中で英語力を伸ばす完全パーソナルトレーニング

プログリットについて詳しく知りたい方はWebサイトをご確認ください。
Maho|監修者
カリキュラム責任者
慶應義塾大学文学部英米文学専攻卒。新卒で航空会社に入社し、CAとして国内線・国際線に3年間乗務。その後、海外で生活しながら本格的に英語を学びたいという想いから、夢だった大学院留学を決意。オーストラリアに渡り、応用言語学・英語教授法(TESOL)修士号を取得。株式会社プログリットで英語コンサルタントを経て、現在はカリキュラム責任者としてプログリットのカリキュラム開発を行う。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事をシェア or LINEでお役立ち情報をGET!!
もくじ
無料カウンセリングを予約する