短期間で実践的な英会話力を身につけられた!ポイントは、目標に対し、すべきことを明確にして学習開始したこと。

朝澤 隼

短期間で英語力を飛躍的に伸ばす。それを可能にするのが、短期で伸びる英語コーチング プログリット。今回は外資系IT企業に勤める朝澤さんにお話を伺いました。

 

▶最初に、プログリットに参加された目的をお聞かせください。

仕事で使う英語力のレベルアップが目的でした。

 

私は外資IT企業で働いているのですが、英語での打ち合わせ中、咄嗟に言いたいことが言えなかったり、話している事が聞き取れず理解があやふやな時が多くありました。

 

仕事で使う英語力を、もっと向上させる必要性は感じていましたね。

 

とはいえ仕事で英語を使う機会も増えており、あまり英語学習に時間をかけている余裕もありませんでした。

 

短期集中でレベルアップを図りたいと考え、短期集中型の英語学校をいくつか比較検討した結果、今回プログリットにサポートをお願いしました。

▶プログリットを受講されていかがでしたか?

限られた期間内の中でかなり集中して学習出来たと感じています。

 

勉強の仕方や途中経過を1週間ごとにコンサルタントの方と振り返るのですが、進捗に合わせて相談しながら進めることで勉強方法の悩みや上手く出来ていないポイントのサポートが受けられました。

 

また、最初にコンサルタントの方と自分の英語力について現状分析と目指す目標のギャップを洗い出し、2-3ヶ月の期間内で目標達成に向けて具体的に何をすべきか、という分析を実施するのですが、スタート時点で非常に納得できる内容だったのが良かったです。

▶専属コンサルタントの対応はいかがでしたか?

良かったです。

 

私の質問や相談に対し、必ず何かしら回答や提案をいただけたので、私もその日に出来たこと、出来なかったことを素直に伝えることができました。

 

特にシャドーイングは毎日課題をやった後にLINEで録音音声を送り、フィードバックをもらっていました。

 

毎日トライ&エラーを繰り返せたので、リスニングとスピーキングのレベルアップに有効でした。

 

また、ふと疑問に思ったことをLINEで聞いたり、進捗が悪い課題があった時は勉強のやり方や教材の絞り込みなども対応していただき、進めやすかったです。

▶普段の仕事との両立はどのようにおこなっていましたか?

課題をこなすために毎日2~3時間は時間を確保する必要があったので、主にスキマ時間と仕事後の時間を活用しました。

 

通勤中、道を歩いている間にシャドーイングしたり、電車は声を出しづらいので単語の勉強をやったりしました。

 

座学の時間も強制的に作るようにし、昼休みや夜はカフェなどで勉強する時間を作っていました。

 

私はお酒が入ると勉強が出来なくなってしまうので、期間中は基本的に断酒し、どうしても外せない時以外は仕事の飲み会も参加を見送るようにしていました。

 

また家族も受講中の数カ月だけ協力してくれて、優先して勉強時間が作れたことも大きかったです。

▶受講後どのような変化がありましたか?

リスニングとスピーキングが以前より向上したと感じています。

 

オンライン英会話や仕事で英語を使う機会があったのですが、以前よりもスムーズに英語を話せるようになっていると感じます。

 

一方、語学学習は継続が大事だな、ということも再認識しました。プログリット受講期間の最後に作成いただいた今後1年間の学習プランを参考に、今後も英語に取り組んでいこうと考えています。

▶最後に。プログリットを検討している方にメッセージをお願いします。

プログリットをチェックしている方の中には、多くの英語学校の中でどこがいいか悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。

 

私自身プログリットを受講した感想としては、英語の勉強方法に悩んでいる方、短期集中でレベルアップを狙いたい方、一人で英語学習を継続するのが苦手な方に良いと感じました。

 

 

特に英語学習で今、何をすべきか悩んでいる方はプログリットに相談してみてはいかがでしょうか。具体的なアドバイスが得られると思います。

その他のインタビューはこちら