PROGRIT(プログリット)なら

2カ月で圧倒的な英語力の
伸びを実感!

無料カウンセリング予約はこちら

  • やりきるメソッド
    があるから

    受講者満足度

  • 徹底したサポートが
    あるから

    受講完遂率

英語学習に
コンサルティング
という新しいご提案

PROGRIT(プログリット)
従来型の英会話スクールでは
ありません。
短期間で確実に英語力を上げ、ビジネスで活躍するための
英語学習コンサルティングです。

表

従来型の英会話スクールは、週に一度ネイティブ講師とのレッスンがあるだけで、学習時間は月にたったの4時間。

一方、PROGRITでは、月に80時間の集中学習。
圧倒的学習量を確保し、短時間で飛躍的に英語力を向上させます。

THREE
STRENGHS

PROGRIT(プログリット)が
選ばれる
3つの理由

  • 理論に裏付けされた効果的なカリキュラム

    理論に裏付けされた
    効果的な
    カリキュラム

    短期間で英語力を伸ばすためには、正しい学習法を知ることが重要です。
    PROGRITでは、徹底的なヒアリングと英語力分析テストで現状を把握し、あなたにとって最適なカリキュラムを設計します。

  • 理論に裏付けされた効果的なカリキュラム

    必ず学習を
    継続させる仕組み

    英語学習を一人で続けることは非常に難しいため、多くの方が習得に必要な学習時間を達成する前に諦めてしまいます。 PROGRIT(プログリット)では、専属コンサルタントが最後まで徹底的にサポート。
    英語力向上のために指導にとどまらず、生活習慣や時間の使い方の見直しまで行うので、英語学習を継続させる週間が身に付きます。

  • 理論に裏付けされた効果的なカリキュラム

    問題解決能力を
    有する優秀な
    コンサルタント陣

    専属コンサルタントは、グローバルな環境での多様な経験を持つビジネス英語のプロフェッショナル集団です。 学問としての英語はもちろんビジネスの現場で起こりうる、あらゆる問題に対応できる生の英語力を身につけています。
    常にあなたの現状と目標を理解し、それに対する最適な解決策を提示することで、潜在的な英語力えお最大限引き出します。

INTERVIEW

VIEW ALL

COURSE

VIEW ALL

MESSAGE

MESSAGE

PROGRIT(プログリット)
代表メッセージ

何かを成し遂げたいと考えた時正しい方法を知り、それをやり抜くことが必要です。
英語学習においても全く同じだと私たちは考えています。自分にとって正しい勉強法を見つけ出し、愚直に実行し続けることができれば英語力は飛躍的に向上します。
しかし、英語学習においてこのシンプルな二つを実行することは非常に難しいのが現実です。

“インターネット上には多くの情報が溢れかえっており、何を信じてよいのか分からない”
“本屋に行けば英語関連の本が山ほどありどれを選べばよいのか分からない”
“英語の勉強を始めようと本を一冊買ったものの一日で電池切れ”
“英語のニュースを読もうとアプリをダウンロードしたものの1週間で挫折”
あなたも一度はこのような経験をしたことがあるのではないでしょうか。
そこで、PROGRITでは通常の英語教室とは大きく異なり、専属コンサルタントが目標達成に向けて最適な学習法を設計し、あなたが最後までやり抜くためのお手伝いを致します。あなたの叶えたい夢や目標を実現することに私たちも一緒になってこだわり続けることで、英語で人生を変える2ヶ月をご提供致します。

代表取締役社長岡田 祥吾

大阪大学工学部を卒業後、新卒でマッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。
日本企業の海外進出、 海外企業の日本市場戦略立案等、数々のプロジェクトに従事。 また、同社を退社後、株式会社 GRIT を創業。

FLOW

まずは無料カウンセリングにお越しください

ヒアリングと英語力診断を行い、あなたに最適な学習プランをご提案します。
PROGRIT(プログリット)のプログラムを体感してください!

  1. WEB予約

    Webよりカウンセリング予約を受け付けております。お仕事帰りでも可能な時間帯も受け付けておりますので、お気軽にご予約ください。

  2. ヒアリング

    カウンセラーと1対1でヒアリングを行います。英語に対するコンプレックスや不安なこと何でもご相談ください。

  3. 英語力診断

    ヒアリング後、PROGRIT(プログリット)独自の英語力診断テストを行います。現在の強みと弱みを洗い出します。

  4. 分析とアドバイス

    ヒアリングと英語力診断の結果を踏まえ、現在の問題点と今後の方向性をご説明いたします。