INTERVIEW

S.I

仕事の幅が拡がった、2ヶ月。

大手自動車メーカー勤務

S.Iさん

PROGRIT(プログリット)に参加された目的をお聞かせください。

PROGRIT(プログリット)に参加した目的は2つありました。1つは業務効率を向上させるため。2つ目は仕事の幅を広げるためです。2016年度になってから海外と仕事をする機会が増えてきました。しかし、もともと英語に苦手意識を持っていた私は、メール1つ送るのに時間がかかってしまったり、会議での内容が分からず何度も内容を確認したりしていました。業務量も増えてきた上に業務効率低下も重なり、非常に危機感を覚えていました。
また、弊社は事業を全世界で展開しており海外拠点で働く機会が非常に多くあります。私の周囲も入社して7、8年目頃から海外で働きキャリアを積み、日本へ帰国してさらに活躍するという方々も多くいます。私もいずれはそのようなキャリアを歩みたいと強く思うようになりましたが、海外で働くためには英語を使えることが必須なため、本気で英語を勉強する必要性を強く感じておりました。

PROGRIT(プログリット)を受講された感想をお願いします。

非常に満足しています。仕事も忙しく両立が難しかった期間ですが、それでも英語学習を続けることができたのは、LINEで親身に相談に乗ってくださったり、英語の解説を理解できるまでして頂いたからだと思います。
また、他の英会話スクールやTOEIC®対策専門塾の体験授業を受けましたが、どこよりも丁寧に私が理解できるようになるまで解説してくれました。2ヶ月間のプログラムにより、英語力が向上したことで、海外サプライヤーとの仕事を更に任せてもらえるようになりました。

専属コンサルタントの対応はいかがでしたか?

非常に満足しています。
他のTOEIC®専門塾は理屈よりも感覚的な説明で、納得のいく説明ではありませんでしたが、PROGRIT(プログリット)の専属コンサルタントは、分かりやすい事例で感覚的な説明をし、その後論理的に説明をしてくれました。文法問題に関しては理論をしっかり理解したことにより、類似した問題が出ても対応できるようになりました。
また、仕事での環境変化や業務量の増加に伴い非常に忙しくなってきた中でも、親身に話を聞いてもらえ精神的なサポートをしていただき、結果学習へ向かうモチベーション向上に繋がっておりました。

普段の仕事との両立はどのようにおこなっていましたか?

基本的には仕事が終わってからの時間は全て英語学習に充てました。
しかし、帰宅時間が遅くまとまった勉強時間を確保できない時も多かったので、隙間時間をうまく活用しました。例えば、通勤時間や会社の昼休みは常に単語学習を行いましたし、また通勤電車が混雑しており、本が開けない時はリスニングアプリを使用しリスグニングのトレーニングを行っていました。

受講後どのような変化がありましたか?

仕事上での一番大きな変化は、海外サプライヤーとの仕事が増えたことです。
これまで英語がネックで海外サプライヤーや海外拠点と仕事をする機会はほとんどありませんでしたが、PROGRIT(プログリット)を受講してから、徐々に英語で行われる会議でのディスカッションに参加できるようになりました。その結果、昨年度以上にプロジェクトへ貢献できるようになり、今では海外5カ国のサプライヤーと仕事をさせてもらっています。
また、海外拠点出身者から現地サプライヤーの情報を聞いたり、サプライヤー情報を以前より入手しやすくなりました。

PROGRIT(プログリット)を検討している方にメッセージをお願いします。

PROGRIT(プログリット)は、コンサルティングプログラムです。他のスクールは各塾オリジナルの指導方法/レベルへ生徒が合わせることになります。しかしPROGRIT(プログリット)では生徒に合わせてカリキュラムを作成し、指導してくれます。ここが一番大きな違いかと思います。また専属コンサルタントが生徒の疑問に対して論理的に、分かるまで何度も解説してくれます。なんとなく英語を学びたい方には厳しすぎるかもしれませんが、本気で英語力を上げたい方には最適だと思います。

英語学習コンサルティングPROGRITを体感してください。

英語学習コンサルティング
PROGRITを体感してください。

プログラムを検討している方や英語学習を始めようとしている方を対象に無料カウンセリングを行っております。ヒアリングと英語力診断を行い、あなたに最適な学習プランをご提案します。

ENGLISH CONVERSATION COURSE