プログリット受講を通して「幸せになった」。英語力向上だけでないメリットとは。

神永 将司

短期間で英語力を飛躍的に伸ばす。それを可能にするのが、短期で伸びる英語コーチング プログリット。今回は神永将司さんに、受講のきっかけや受講中の取り組み、受講後の英語力の変化などについて伺いました。

 

まず、プログリット受講時の学習の目的をお伺いできますか?

前の会社にいたとき、一緒に仕事しているギリシャ人の顧客のパノスさんという人がいたのですが、僕そのパノスさんが大好きで(笑)

 

だから英語学習の目的は何かと言われたら、「パノスさんともっとしゃべりたい」です。

 

仕事以外ではすごく優しい60歳くらいのおっちゃんで、人生についていろいろ教えてくれるのですが、仕事になると得意分野のディスカッションで僕たちをやり込める。もう何回も負けているので、交渉の勝率は1割か2割ぐらいです。

 

これはいかんな、と思って英語力を一気にパワーアップさせようと思い立ちました。

 

パノスさんと「プライベートで仲良くもっとしゃべりしたい、仕事では対等にやりあって倒したい」、これが目的でした。

▶様々な英語コーチングスクールの中でもプロリットを選んでくださった理由は何ですか?

ベタかもしれないですけど、本田圭佑さんのシャドーイングを聞いてからです。

 

「こんなに頑張っているのか、彼は」って、純粋にすごいなと思いました。本気で頑張っているし。正直言って感覚ですよね。

▶無料カウンセリングはいかがでしたか?

理路整然としていて、すごく腑に落ちましたね。

 

カウンセラーさんがリスニング課題を流してくれるんですけど、聞き取れない。そこで理由を理路整然と解説してくれたんです。そこがすごく僕の中で腑に落ちました。

 

 

何で聞き取れないのか、聞き取れるようになるにはどういう訓練をしたらいいのかを、僕が納得するようにちゃんと説明してくれたというところが一番大きいです。

 

これで納得できなかったらもうお金払う価値はないなと思っていたんですけど、そこがよかった。自分の中で腑に落ちるかどうかですよね。

 

リスニングについて図を描いて、ここが聞こえないからどう改善すればいいというところを教えてくれて。じゃあ、そこについていけばリスニングを上げることができるんだという安心感を持った。

 

光が見えた、という感覚ですね。腑に落ちたのと、ここで受講すれば英語力を伸ばすことができるという光が見えたので、「はい、行きます」って決めました。

▶実際にプログラムを受けてみての感想はいかがですか?

一言で表すのは難しいですけど、本当に毎日にメリハリがつくようになったということですね。

 

僕は何よりも英語学習の方法について今まで悩んでいて、1日どのぐらいの時間勉強すればいいのか、何をやればいいのかよく分からないまま闇雲にやっていました。それって結構心の負担になるんですよ。

 

このままでいいのかな、本当に伸びるのかなって不安の中でやるのと、本当にこれをやれば伸びるんだというふうに信じて突き進むのとでは、毎日の幸福度が違ってきましたね

 

勉強時間をより効果的に使えるようになったのもそうですし、無駄な不安を抱える時間もなくすことができました。時間を効率的に使えるようになって心理的な負担が無くなり、一言でいうと「幸せになった」(笑)受講前と後での変化はそこですね。

プログラム期間中は順調にいきましたか?それともモチベーションが落ちたときがありましたか?

2回寝坊したぐらいですかね。それ以外は本当、修行僧みたいにやっていました(笑)朝の458分にいつもLINEを送って。

 

やること決まっているので、迷いがないのがプログリットのいい点です。僕は元自衛隊だったんですけど、自衛隊のときと同じなんですよね。

 

起きた瞬間、パソコンはデスクに用意しておいて、イヤホンとかも入れておいて、シャドーイングやる服装も決まっていました。靴下とシャツとズボン、もろもろ着るやつを1つのかごに入れておいて、朝起きたら机に行ってそれを履いて。自衛隊流ですね。

 

で、勉強方法もコンサルタントの言うとおりやっていれば全く悩まずに済みました。だから靴下やシャツと同じで悩まなくていいんですよ。しかもこの目的でやる、みたいな目標も定まっている。

▶学習上の工夫は、自衛隊方式以外でありましたか?

時間の工夫としては、瞬間英作文にアプリがあるので、今は歩きながらやっています。あとは一回本当に時間ないときに、トイレとジムでもやっていましたね。走りながら瞬間英作文。

 

ジムって大きな音で音楽流れていてみんなガチャガチャ動いているので、しゃべりながら走っていても別に何とも思われないというのに最近気付きました。

 

瞬間英作文って退屈じゃないですか。一番退屈なんです。少しでも飽きずに続けていくのであれば、歩きながらとかジムで走りながらとかだったら結構やれているなって感じます。

▶担当コンサルタントはどうでしたか?

表面上の言葉を言わない点がいいですね。ダメならダメですって感じ。僕は信頼できました。

 

本当はダメなのに大丈夫って言う人だったら、信頼できなかったかもしれないけど。本当にダメだったら「いや、それダメです」って正直に言ってくれるところが逆によかったですね。

▶英語力はどう変化しましたか?

特にリスニングが変わりましたね。落ち着いて聞けば大丈夫になった。あとは聞き取れなくても、何で聞き取れないのかというのを自分で分析できるようになりました。

 

「今のフラップのところが聞こえなかったから分からなかったんだろう」「今、連結のところがもしかして聞こえなかった?」って自己分析して、その問題に対処できるようになって、「そこのフラップの部分が聞こえにくいなら、またシャドーイングとかすればいいだけじゃない?以上!」で終わり。

 

プログリットでいっぱいやったけど聞きとれない!って不安になるんじゃなくて、その原因のところ練習すればいいだけじゃないの?って思えた。そこが受けた後、すごく良いと思うところですよね。

▶お仕事では、英語ができるようになることで何かいい変化はありましたか?

ありますよ、やっぱり。僕はバイオ燃料事業なんですけど、バイオ燃料を相手に買ってもらうに当たって、相手のニーズを引き出すことができる。

 

相手もやっぱり、一回言えば聞き取れる人と何回も聞き直されるのとでは、心理的な態度も全然違ってくるんですよね。

 

会議で33とかで話しているときに、相手側が何か言った後にちょっとシーンとなったら、「ちゃんとお前ら、聞き取れたのか?」って相手が思うじゃないですか。そのときに、真っ先に「こう言っているんですよ」って周りに説明できるようになったらいいですよね。

▶最後に、プログリットの受講を検討されている方にメッセージをお願いします

もし少しでも英語学習というものに悩んでいるのであれば、まずは一度無料カウンセリングに行ってみて、コンサルタントがどういった分析をしているのか、自分はどうやったら英語力が上がるのかというのを、腑に落ちるまで一回質問攻めにしてみてください。

 

 

そこで腑に落ちなかったらやらなきゃいいし、腑に落ちたならやってみればいいかなと思います。

 

プログリットでは英語力が上がるだけじゃなくて、それをやり切った先に違った自分の考え方だったり時間の使い方だったり会う人だったり、違った世界というものが広がってきますね。これはやったことがある人にしか分からないと思います。

 

受講を検討している人がいたらすぐに無料カウンセリングに行ったほうがいいと思いますね。大学時代の部活の飲み会とかでもプログリットの話をしたら、1人か2人ぐらい知っている人がいるんですよ。

 

「それ知ってる。やっぱりあれいいんですか?」って話にはなるんです。でも行かない。

 

無料カウンセリング行ったら、結構違ってくると思うんですけどね。まずは無料カウンセリングに来てください(笑)。

その他のインタビューはこちら

chat-img

ご質問はこちら

lineit_display-btn_03
btn-close