オンライン受講で効率よく英語学習。2ヶ月でTOEIC®170点アップ!

光田 尚生

短期間で英語力を飛躍的に伸ばす。それを可能にするのが、短期で伸びる英語コーチングプログリット。

 

今回は、プログリットのTOEICコースをオンラインで受講しTOEIC170点アップを達成した光田さんと、担当コンサルタントの三栗に、受講のきっかけや受講中の取り組み、受講後の英語力の変化などについて伺いました。

 

―TOEIC170点アップ、おめでとうございます。お二人とも本日はよろしくお願いいたします。

光田さん

ありがとうございます、よろしくお願いします。

三栗

光田さんと一緒にインタビューを受けることができ、嬉しいです。よろしくお願いいたします。

―まず、英語学習の目的をお伺いできますか?

光田さん

仕事でのレベルアップのためです。
私は信託銀行に勤めているのですけれど、「アクチュアリー」という難関試験を取った後、次の目標を探していて。そこで、長年出来ないまま放置していた英語の勉強に手を付けようと思いました。
普段の仕事で英語を使う機会は多くはないんですが、英語が得意な人は、海外のお客様と仕事をしたり海外研修に行ったりしていました。自分もそういうことができたらなと思ったのがきっかけですね。

―プログリットを受講される前は、何か英語学習をされていましたか?

光田さん

会社で年1回TOEICを受験するという制度があったので、試験直前には毎回勉強していました。
ただ、直前1週間だけ対策本を読む、といった程度でしたので、英語力が身についている実感はなかったですね。

光田さん

会社では860点を取ることを推奨されていたのですが、私は700点くらいで伸び悩んでいて。
どこか良い英語スクールはないかと探していたところ、プログリットに出会いました。

様々な英語スクールの中で、プログリットを選んでいただいた決め手は何でしたか?

光田さん

カウンセリングでのアドバイスが的確だったので、ぜひ受講しようと思いました。
リスニングのテストをしたんですが、英語の音を聞き取ることは出来ているけれども、それに精一杯で意味を考えることが出来ていないというアドバイスをいただきました。
普段の勉強法にも思い当たる節はあったし、自分のリスニング力が伸び悩んでいた理由がわかった気がしましたね。

光田さんはオンラインでプログリットを受講されましたが、オンライン受講に決めた理由は何ですか?

光田さん

実は初めからオンラインで受講したかったわけではないんですよね。たまたま自分が受講したい時期に、東京の校舎が全部埋まってて。そこで、大阪の校舎のコンサルタントさんにオンラインで見てもらうことにしました。

光田さん

ただ、結果的にはオンライン受講をしてすごく良かったです。
私は埼玉に住んでいるんですけれども、都心の校舎に通おうとすると片道1時間ぐらいかかってしまうので、時間がもったいない。
節約した時間を勉強にあてることもできたし、受講もしやすかったですね。

担当コンサルタントの三栗さんにお伺いします。最初光田さんにお会いしたときに、一番課題はどこだと思いましたか?

三栗

やっぱりリスニングですね。光田さんご自身からも課題だとお伺いしていましたし、実際にTOEICの点数にも表れていました。
ただ、リスニングの中でも、英語の音を聞き取るという部分は非常によく出来ていました。
そこから、音だけでなく意味も理解できるようレベルアップするというのが目標でしたね。

それをもとに提案した学習プランというのはどんなものでしたか?

三栗

シャドーイングにものすごく負荷をかけました。
多くの方は、最初に音声知覚のトレーニングとして、英語の意味は考えずにシャドーイング(プロソディシャドーイング)をしていただくんですけど、光田さんには音声知覚と意味理解を同時に鍛える目的で、意味を考えながらシャドーイング(コンテンツシャドーイング)をしていただきました。
英文の意味を考えながらのシャドーイングはかなりレベルの高いトレーニングなのですが、光田さんは毎日高い精度で出来ていましたね。

ハイレベルなトレーニングをされていたようですが、光田さんはいかがでしたか?

光田さん

結構きつかったですよ(笑)
やっぱり一番時間もかけていました。面談では1日60回ぐらい反復練習をするようにと言われましたが、実際はもっとやっていましたね。
大変でしたけど、リスニング力が上がっている実感もあったので、続けられていました。

英語学習において、何か工夫したことはありましたか?

光田さん

今まで自己流で勉強して上手くいってなかったので、とにかくコンサルタントさんに言われたことを愚直に守ることにしていました。下手に自分なりの工夫をしない、というのが一番の工夫でしたね。
結果を見ると、言われた通りにやっていたのが逆によかったのかなと思います。

 

三栗

他の生徒さんでも、やっぱり光田さんのように素直な方が一番伸びていますね。信じて任せていただけるので、私たちとしてもサポートのし甲斐があります。

三栗さんは、光田さんをコーチングする際に意識していたことはありますか?

三栗

光田さんは、面談でアドバイスした点を次の週にはしっかり改善してくる、非常に優秀な生徒さんでした。
ですので、しっかりとピンポイントで課題を特定して、適切なアドバイスをするということを意識していました。
例えば、光田さんは文法問題はとても良くできていたのですが、前置詞についての問題だけ少しミスが多くて。
そこで、前置詞に関する問題を問題集からピックアップして、お渡ししたりしていました。

光田さんは普段のお仕事もお忙しかったと思いますが、プログリットの受講前後で1日のスケジュールはどのように変化されましたか?

光田さん

朝晩の通勤時間や昼休みで、30分ずつ勉強するようにしていました。今までだったらスマホを見たり寝たりしていた時間を使いましたね。
もちろんそれだけでは足りないので、家に帰ってからも勉強していました。帰宅してから夕食までの30分と、寝る前にシャドーイングを1時間。
今までの生活スタイルの中に勉強時間をうまく組み込むことができましたね。

 

プログリット受講中の光田さんの1日のスケジュール

1日3時間の勉強時間を確保するのは大変でしたか?

光田さん

最初はやっぱりきつかったですね。昼休みもずっと勉強していたので(笑)
ただ2、3週間続けたらそれが日常になってきたし、慣れてしまえばこんなもんかな、という感覚でした。

毎日勉強を続けていた中で、モチベーションが落ちた時期はありましたか?

光田さん

受講して1ヶ月くらいたってから仕事が忙しくなってきて、その時期は大変でした。夜10時くらいに帰宅してそこから勉強するので、体力的にもきつかったです。
ただそこで勉強を止めたら、今まで続けてきた記録が無くなってしまうので、踏ん張りました。毎週TOEICの模試を解くのですが、その点数が上がっていったのも励みになりましたね。

三栗

お仕事が忙しい時期は課題の量を調整するなど、無理のない学習ペース作りをするようにしていました。
ただ、忙しい中でも光田さんは毎日の課題をしっかりやって下さっていて、非常に素晴らしい生徒さんでした。

プログラム受けていただいて、全体的な感想はいかがですか?

光田さん

思っていたとおり、結構きつかったです。でも結果が出ていたので、きつい中でも満足してやれていましたね。
オンライン受講も、時間を節約できるメリットが大きかったです。

コンサルタントの対応はいかがでしたか?

光田さん

アドバイスが的確だったのはもちろんですし、毎日「勉強いかがでしょう?」というような声かけをしていただいたり、励ましていただいたりしたので、くじけずに続けられました。
シャドーイングの添削でも、改善点を教えてくれるだけでなく、良かった点はほめてくれたので、モチベーションが続きました。

―プログリットを受講して、英語力はどのように変化しましたか?

光田さん

リスニングでは、余裕を持って聞けるようになりました。
以前リスニング問題を解くときは、聞き取ることに全神経を使っていて、音が流れている間は聞くことで手一杯だったんですよね。
でもプログラムが終わるころには、音声を聞きながら選択肢をチェックしてマークシートを塗りつぶして…といったことができるようになりました。
試験中に余裕が持てるようになったし、TOEICリスニングパートの点数も70点上がりました。

光田さん

読解のスピードも上がっていましたね。今までTOEICの終盤の問題は、時間が足りずにあてずっぽうで解いていました(笑)
今では何とか最後まで解き終わるようになったので、そこはやっぱり目に見えて変わりましたね。

―三栗さんから見て、光田さんの英語力がアップしたポイントは何でしたか?

三栗

課題であったリスニングにしっかりと向き合った点です。
TOEICでいうと、初めからリーディングは8割近く得点できていたのですが、リスニングの得点率が6割くらいで。特にPart3と4を苦手にしていたので、そこが改善されたのがポイントですね。
シャドーイングは大変だったと思いますが、そこをやりきったことが結果につながったと思います。

―光田さんの今後の目標を教えていただけますか?

光田さん

今後はTOEICを勉強しつつ、英会話の勉強もしていきたいと思っています。
TOEICは、会社の目標スコアである860点を取りたいです。また、英会話もできるようになって、海外顧客の対応や海外視察が出来るようになりたいですね。

―では最後に、プログリットの受講を検討している方へメッセージをお願いいたします。

光田さん

プログリットは大変なんですけれども、その分必ず確実に力が身に付いてくるのが実感できます。
英語を身に付けたいという強い思いがあるなら、思い切ってカウンセリングに行ってみると、満足できるような結果を得られると思います。

その他のインタビューはこちら