英語コーチング プログリット(PROGRIT) | 一生モノの、英語学習体質を。

MBA留学に向けて猛勉強。3ヶ月でTOEFL95点を取得!

M.N

 

短期間で英語力を飛躍的に伸ばす。それを可能にするのが、短期で伸びる英語コーチング プログリット。

今回は2ヶ月間のTOEICコースに加え、その後、3ヶ月間のTOEFL&IELTSコースを受講していただいたMさんに、受講のきっかけや受講中の取り組み、受講後の英語力の変化などについて、担当コンサルタントが伺いました。

 

前川

Mさんは最初に2ヶ月のTOEICコースを受講されて、その後3ヶ月間TOEFLコースを受講されたんですよね。
まずはTOEICコースを受講された目的を教えてください。

Mさん

社内の海外留学の選考に受かるためです。もともとTOEIC880点ぐらいだったんですけど、その年の選考に落ちてしまって。上司から「900点を超えたら来年の留学に推薦してやる」と言われたので、TOEICの点数を上げるために受講しました。

前川

数ある英語コーチングサービスの中で、弊社を選んでいただいた理由は何でしたか?

Mさん

他社とも比較したんですけど、他社はカリキュラムや教材が決まっていて、それに従ってやるという感じでした。
それに対し、プログリットは自分の目標に合わせてカスタマイズしてくれそうだったので、そこに惹かれました。
他社に比べて厳しく管理してくれそうだったのも、良いと感じたところですね。

前川

その後TOEFLコースを受講された理由は何ですか?

Mさん

MBAの受験のためです。社内留学の選考に受かった後に、今度はMBA受験のためにTOEFLの点数を上げなければならなかったので、受講しました。
2回目に受講するときは、迷わずプログリットに決めましたね。1回目の受講でTOEICの点数が大きく伸びたので。まさか、2ヶ月で970点まで上がるとは思っていなかったです。

前川

プログラムを実際に受けていただいた感想はいかがですか?

Mさん

カウンセリングで聞いていた通りでしたね。
進捗に合わせて、教材やトレーニング内容が変わっていく。定着したと思ったら、その教材を終わりにしていいと言っていただいたので、それはすごいよかったですよね。
受講する前は、英語学習において何をすれば良いかというのが、一番悩んでいたところでした。プログリットでは、ゴールまでの筋道を全部立ててくれて、進捗の管理もしてくれます。あとはコンサルタントに従ってやるだけなので、悩みがなくなりました。

前川

英語学習において工夫していたことはありますか?

Mさん

工夫していたことは、隙間時間にとにかく何回も繰り返して勉強することですね。
通勤する時間は常にアプリを使って単語を勉強していました。特に、「TOEFL®テスト英単語3800」のアプリをずっとやっていましたね。
あとは家に勉強場所を作りました。新しく机と椅子を買って、ここで勉強すると決めて。朝起きたら、すぐそこに座ってシャドーイングをするというルーティンを作っていました。

前川

ルーティンにしていたんですね。それは最初から簡単にできましたか?

Mさん

最初は大変でした。始めた頃は、仕事がすごい忙しかったので、勉強するために毎朝5時に起きていたんですよ。
最初の1ヶ月ぐらいは辛かったですけど、その後は慣れてきて、自動的に起きたらやるようになりました。眠くても、とにかくやると決めていましたね。
2回目、TOEFLコースを受講していた時には、もう勉強する習慣が体に染みついていたので、苦労は無かったです。途切れることなく勉強できていましたね。

前川

英語学習のモチベーションはどうやって維持されていましたか?

Mさん

TOEICコースを受けていたときは、社内選考に受からないといけなかったんで、とにかく気合いを入れてやっていました。選考までのタイムリミットもあるし、選考に落ちて次の年まで待つのも嫌だったので。
TOEFLコースを受けていた時はもう、MBA受験のためにやらざるを得なかった。これは結構、他の人とは事情が違うと思うんですけど。どうしても今年受からなきゃいけなかったので、追い込まれていましたね。

前川

モチベーションが落ちた時期はありましたか?

Mさん

TOEICコースを受講して1ヶ月ぐらいたったときにTOEICを受けたんですけど、あまり点数が変わっていなかったんですよね。
「勉強したのに何で…?」と思って、そのときは辛かったです。

前川

それはどうやって解消されたんですか?

Mさん

毎週のテストを通じて成長は感じていたので、それが支えになりましたね。模試の点数も上がっていたので、今回結果が出なかったのはたまたまかなと思って。
1ヶ月後にまたTOEICを受けたら、970点まで伸びていたので、その感覚は間違っていなかったですね。

 

 

前川

担当コンサルタントのサポートはいかがでしたか?

 

Mさん

毎回の面談で、学習状況を見て教材を変えてくれたのが良かったですね。もうこれは必要ないので、次はこの教材でこの力を伸ばしましょうという風に。
カスタマイズしてくれたので、効率よく勉強できたと思います。

前川

プログリットを受講していただいて、生活の面で何か変化はございましたか?

 

 

Mさん

生活は規則正しくなりましたよ。とてつもなく規則正しくなりました。お酒も受講期間中は一切飲まなかったです。
受講するときに、どうやって勉強時間を作るか1日のスケジュールを作ったので、それに合わせて生活を変えていきました。勉強するために朝は何時に起きようって。
英語を勉強するための習慣が身についたと思います。

 

前川

英語の面ではどのような変化がありましたか?

Mさん

リーディングのスピードが全然変わりました。
TOEICは時間が余りましたね。じっくり見直し出来ました(笑)
前に受けたときは、後半の問題は時間が足りずに捨てていたんですけど、今では5分くらい余るようになりました。

前川

TOEFLでも85点から95点までアップされていますが、いかがでしたか?

Mさん

リーディングは29点を取れるようになりました。リスニングとスピーキングも順調に上がりましたね。
ライティングだけはなかなか点数が伸びず、苦労しました。

前川

ライティングは実力の伸びが点数に結びつかず、苦労しましたね。
とはいえ、最終的には16点から20点まで伸びました。素晴らしいです。

Mさん

ありがとうございます。模試では24点を取れた時もあったので、力は付いたのかなと感じています。

 

前川

現在ではどのような勉強をされていますか?

Mさん

今はスピーキングとリスニングですね。MBAの面接があったので、ずっと話す練習をしていました。
GMAT(MBA留学に必要な、数学、論理的思考力などのテスト)の勉強をしていたので、その時は英語よりそちらを重視していましたけど。それでも毎日2、3時間はやっていたと思います。
GMATの勉強も含めたら、1日10時間ぐらい勉強していました。自習する習慣がついていたおかげですね。

前川

Mさんの、英語とお仕事での今後の目標は何ですか?

 

 

Mさん

ネイティブスピーカーともっと話せるようになりたいですね。ネイティブ同士が話している会話や議論をちゃんと理解して、そこには入っていけるようになりたい。留学中にそのレベルに達したいですね。
MBAを卒業した後はニューヨークで働こうと考えています。ニューヨークに勤務先の支店があるのでそこに行きたいと思っています。

 

前川

最後に、プログリットの受講を検討している方にメッセージをお願いします。

Mさん

プログリットは、やる気がないとできないプログラムです。ですが、やる気がある人にはすごく合っています。
あとは「仕事が忙しい人」にも。モチベーションはあって、勉強しなきゃいけないと思っているけど、やり方が分からない人や、忙し過ぎて時間がないと自分では思っている人にも合っています。
何で合っているかというと、コンサルタントが道筋をちゃんと付けてくれるのと、時間や進捗を管理してくれるから。忙しくても時間の作り方からアドバイスしてくれるし、やる気があれば絶対に伸びるプログラムだと思います。
実際私はやり切ることができました。忙しい人でも、やる気があればやり切れると思いますね。

その他のインタビューはこちら

ご質問はこちら