「英語嫌い」を克服!英語を使用する業務も効率的に!

松原 和也

短期間で英語力を飛躍的に伸ばす。それを可能にするのが、短期で伸びる英語コーチング プログリット。今回は3ヶ月でTOEIC®が370点アップした松原さんにお話を伺いました。

矢部

3ヶ月でTOEIC370点アップ!素晴らしいです!そもそも松原さんは、なぜ英語学習をしようと思われたのですか?

松原さん

会社から英語で講演されるセミナーに参加するように言われ、そこで情報収集するために急遽リーディング力とリスニング力を上げる必要があったんです。
セミナーは4ヶ月後だったのですが、それまでになんとか英語力を身につけなければと思い英語学習することを決めました。

矢部

それまでは何か学習をされていましたか?

松原さん

実は、就職してから8年間は英語の勉強をほぼしていませんでした。
強いて言うなら趣味程度で中学英文法の参考書を読むぐらいでしたね。

矢部

お仕事では英語を使う機会はそんなになかったんですか?

松原さん

そんなにないですね。仕事柄、技術的なマニュアルを読む機会が多いので、たまに英語のマニュアルを読むことはあります。
今回、私の役職が少し上がってきたことで海外ベンダーのセミナー参加をアサインされたという感じです。

矢部

ちょうど仕事の幅も広がるタイミングで、英語を使えないといけない状況になってきたということなんですね。4カ月しかない状況で英語力をばっとあげる必要があるって、正直どう思いました?

松原さん

いやいや、無理だと思って(笑)
4カ月でそんなのどうやればいいんだろって、正直途方に暮れていました。
世の中の英語学習方法を独力で調べてみたんですが、どれを選べばいいか判断できなくて。
だったら英語学習方法を指導してくれるところに、計画や進捗管理を全部外注しちゃった方が早いかなと思ったんです。

矢部

なるほど。様々ある英語コーチングスクールの中でも、プログリットを選んでくださった理由は何ですか?

松原さん

カウンセリングを受けてみて、柔軟に幅広いことができて、自分にあった英語の学習方法を指導してくれるプログリットが一番いいなと思いました。
私はTOEICの点数さえ上がれば良い訳ではなく、あくまでもリーディング力とリスニング力を上げるというのが目的だったので、個人に合わせたカリキュラムを立ててくれる点に魅かれましたね。

矢部

ありがとうございます。実際にプログラムを受けられて、率直にどうでしたか?

松原さん

率直にすごく良かったです。
中でも一番大きかったのは、自分にとって最も効率の良い学習方法はこれですというのを、論理的に説明してくださったことですね。
「今自分に何が必要か、なぜそれが必要なのか」「だからこそ、このトレーニングをこのくらいの時間やらなきゃいけない」ということを理論立てて説明してもらえたので、納得感を持って取り組めました。
結果としてTOEICの点数が370点上がって、目に見える形で成果が出たのは素直に嬉しかったです。

矢部

学習するにあたって工夫したところはありますか?

松原さん

シャドーイングを、音の変化や発音だけでなくリズム感も合わせたりとか。たまに、ジェスチャーをつけたり感情を込めてやっていました。
そうすることで、単調になるトレーニングにも楽しく取り組めました。
あとは矢部さんのアドバイスに沿って、前の日にやった単語の内容も復習することで定着率を上げることを意識していました。
モチベーションを保つための工夫として、終わった参考書やプログリットシートの日々の進捗を見て、自分はここまでやったんだなというのを自信に変えて、モチベーションアップに繋げていました。

矢部

毎週の面談はいかがでしたか?

松原さん

矢部さんの言っていることが全部ロジカルで納得感があったので、この人の教えに従ってやれば伸びるかなということを勝手に思っていました(笑)
100%信頼してましたね。元々の業種がお互いIT系だったのでフィーリングも合うし、面談が楽しかったですね。

矢部

ありがとうございます。松原さんの成長に立ち会うことができてとても嬉しいです!
受講前後では、TOEICを受験された時、何が違いましたか?

松原さん

全然違いました。
リスニングは、プログリットを受ける前は全く分からず勘で解いていたので、俗に言う塗り絵状態でした。
でも、プログリット受けた後はちゃんと受けることができたというか。
問題が聞けて、こういうことを聞いているんだなというのを理解しながら解けたので、全然世界が違いましたね。
TOEICってこういうものなんだなと、初めてちゃんと土俵に立てた感じがしました。

矢部

その他に受講前と受講後での変化ってありましたか?

松原さん

英語嫌いじゃなくなりましたね。
以前は単語も分からないし、文法もうろ覚えだし、いい思い出がなかったので英語が本当に嫌いだったんですよ。
プログリットを通して少しずつ分かるようになってきたので、それからはちょっと楽しくなりました。
今までマニュアルを読むのに1時間ぐらいかかっていたのが30-40分に減って、その時間を他のことに回すことができるようになりました。
結果的に業務時間も効率化されたと思います。
あとは、勉強する習慣がついたのは大きな収穫ですね。
私の業種だとほかにも勉強しなきゃいけないことってたくさんあるので、他の勉強をする時にも生かせるなと思います。

矢部

今後の目標はありますか?

松原さん

1つは、TOEICの点数を上げていくこと。
具体的な点数目標はないんですけど、定期的に受けて自分の現状や課題を確認して、潰していく作業をしていきたいなと思っています。
あとは、英語で講演されるセミナーに参加してその内容を持ち帰って社内で発表できるようになること。
そして、海外旅行したときに英語でコミュニケーションを取れるようにすることが目標です。

矢部

素晴らしい目標ですね。引き続き、応援しております!では、最後にプログリットの受講を検討している方にメッセージをお願いします。

松原さん

英語学習について不安に思うことがあれば、まず無料カウンセリングを受けることをお勧めしたいです。
私もカウンセリングを受ける前に悩んだんですよ。世の中でどういう英語の勉強方法があるんだろうかとか、どうすれば自分に合った勉強方法が見つかるかとか。
いろいろあれこれ悩んだんですけど、悩むぐらいだったら、まずはカウンセリングを受けてみて、話を聞いた方が早かったなと思うので、まずはカウンセリングを受けてみることを勧めたいなと。
あと、
語に苦手意識がある人も大丈夫ですよ」ということを言いたいです。
英語が苦手だった私ですら、英語力を伸ばして今こうしてインタビューしてもらえるまでになったので(笑)
プログリットは、自分に合ったカリキュラムを作ってマンツーマンで指導してくれるので、あとはそれに沿ってやるだけという状態にしてくれます。
だからこそ、英語が苦手な方でもすごくお勧めしたいなと思っています。
英語学習って決して楽じゃないですけど、きっと得がたい経験になると思います。英語力向上に向けてお互い頑張りましょう!

その他のインタビューはこちら