英語への「コンプレックス」を解消!楽しく英語学習できた2ヶ月。

K.M

短期間で英語力を飛躍的に伸ばす。それを可能にするのが、短期で伸びる英語コーチング プログリット。今回はVERSANT®で9点アップを達成したK.Mさんにお話を伺いました。

吉浜

2ヶ月でVERSANT®9点アップ!素晴らしいです!そもそもMさんは、なぜ英語学習しようと思われたのですか?

Mさん

コンプレックスを解消するためですね。
会社で、英語の研修を受けられるチャンスがあったんですが、本業のエンジニアの仕事が忙しくて断ったことがあって。
そのことに対して「何か惜しいことしたな、やっておけばよかったかな」と後日すごく考え始めてしまう自分がいて。
「あぁ、自分の中で英語に対するコンプレックスが大きいんだな」って気づいたんです。
別に英語ができないからと言って直接仕事に影響するわけではないんですけど、そういうコンプレックスって間接的に仕事に影響してくるような気がして。この機会に解消したいと思ったのがきっかけです。

吉浜

コンプレックスの解消が英語学習の目的というのは珍しいです!ちなみに、プログリットを受講する前は、何か1人で学習されていましたか?

Mさん

継続的にではないんですが、単語学習とかはやっていました。
手軽に始められて手軽にやめられるような学習を細切れでやっていました。
挫折しつつ再開しつつの繰り返しで、決して続いてはいなかったですね。気持ちとは裏腹に(笑)

吉浜

なるほど。そんな中でプログリットのカウンセリングに申し込んだきっかけは何だったんでしょうか?

Mさん

マンツーマンの英語スクールを探していた時に、プログリットを見つけたんです。
その時に確か「本気の人だけ来てください」みたいなキャッチフレーズがあって。
生徒に媚びないところが良いなと思ったのがきっかけです。
実際カウンセリングでも、こちらが要望を伝えた時に、それをちゃんと理解した上でフィードバックしてくださって。
プログリットのカウンセリングでは「こういうところはできているけど、こういうところはできていないですね」とはっきり伝えてくれたので、信頼できそうだなと思いその場で受講を決めました。

吉浜

実際にプログラムを受講してみてどうでしたか?イメージと違ったりしましたか?

Mさん

想像と違いましたね!
受講前は「めっちゃ辛いけど、コンサルタントの方がいるから何とか頑張れました」、みたいなのを想像していたんですけど、実際はめちゃくちゃ楽しかったし、すごく充実していました!
特に、日々の課題が明確になっていたことと、シャドーイングのフィードバックを毎日もらえたのが良かったですね。
あとは、週間面談のテストで今日は何個できたとか、成長が数値として見えたのも楽しかったです。

吉浜

すごく楽しんで英語学習されていたんですね!ちなみに、受講前後で何か変化はありましたか?

Mさん

英語に限らず、「日々の中で時間を確保して継続的に何かを勉強していく」ということができるようになりました。現在はプログラミングの勉強をしているんですが、細切れでも時間を取って取り組むことが習慣化できています。
あと、朝型学習の素晴らしさも実感しました。残業でアウトプットの時間が取れず困っていたところ「じゃあ、朝型に切り替えたらどうですか?」と言われたことがあったんです。切り替えてみたら結構それが合っていて。朝早く起きるのはしんどいんですけど、コンサルタントの方のアドバイスとか、良い意味でのプレッシャーがあったので、「やらねば、やろう」と思うことができました。

吉浜

素晴らしいですね。プログラムを続けられた秘訣を挙げるとすると、何だと思いますか?

Mさん

一番はコンサルタントの方との相性が良かったことだと思います。自分が悩んでいることを伝えた時に提案してくれる意見がすごく納得できるものばかりでした。「こうしなきゃダメです」とか、「こうしてください」みたいに、決めつけて言われなかったのも大きいですね。
2つ目は成長実感。オンライン英会話でも日々成長を実感していました。始めは25分のレッスンの中で、決まりきった質問に答えるだけだったんですけど、自然に話を広げられるようになったり、会話そのものを楽しいと感じられるようになっていきました。

吉浜

実際VERSANT®も48点から57点の9点アップと、すごく伸びていますよね!
他にも、「英語力が伸びたな」と実感することはありますか?

Mさん

やっぱり英会話をしている時ですかね。
質問されて、何か間違っているかもしれないけどぱっと返事するスピードが早くなったりとか。
何か言いたい時に「いつもこの表現をしていたけど、今日はこっちを使ってみよう」みたいなこともあって。シャドーイングで色んな表現を口に慣らしていたこと、面談でオンライン英会話の振り返りをして教えてもらった表現をメモしておいたことのおかげだと思います。

吉浜

最後に、プログリットの受講を検討されている方にメッセージをお願いします!

Mさん

僕は、プログリットをやり切る上で一番大切なのは、「自分自身が能動的に動けるかどうか」だと思っています。
コンサルタントがどうにかしてくれるみたいな受け身な姿勢を持っていたり、そういうことを期待している人はやめた方がいいと思う。
自分はこうなりたいんだという気持ちがあって、1人じゃやり切れないからそれをサポートしてほしいという考えの人が合っているんじゃないかなと。
コンサルタントの方がどんなに良い環境を整えても、それを自分が活用できるかどうかで結果は変わってくるんじゃないかと思っています。

その他のインタビューはこちら