英語コーチング プログリット(PROGRIT) | 一生モノの、英語学習体質を。

今後の人生において「本気」で英語と向き合い続けていきたい方におすすめしたい!英語学習以外でも役立つスキルが身につきます!

T.K

短期間で英語力を飛躍的に伸ばす。それを可能にするのが、短期で伸びる英語コーチング プログリット。今回はTOEIC®コースを受講された上野山さんにお話を伺いました。

 

▶まず最初に、プログリットに参加された目的をお聞かせください。

 

一番の理由は、英語を話せることが当たり前というグローバル社会になっていく中で、自分の英語力が十分でないという危機感を持ったからです。

 

また、現在外資系企業で働いているので、仕事で使うための実践的な英語力を向上させたかったというのも大きな理由でした。大学時代に勉強していたため、ある程度のTOEIC®スコアは持っていたのですが、実際に仕事で英語を使うことには自信が持てていませんでした。

 

短期間で集中して勉強して、なんとか英語に対する苦手意識を克服し、今後の仕事の幅も広げていきたいと考え、プログリットを受講しました。

▶プログリットを受講されていかがでしたか?

まず、プログリットを受講する前は英語に対して拒絶感があったのですが、それがなくなりました。英語に触れることに対する体力はついたと思います。

 

それから、特に苦手だったリーディングについて、トレーニング方法の細かいレクチャーはもちろん、日々のプランニングと振り返りを常に行い続けたおかげで、今後さらに自分で英語力を向上させていける自信がつきました。

▶専属コンサルタントの対応はいかがでしたか?

プログリットのコンサルタントは、英語の先生や監視役ではなくて、自分でトレーニングを進められるよう一緒に寄り添ってくれました。

 

常に私の状況を理解したフィードバックをしていただき、モチベーションアップに繋がりました。忙しい中でも親身に相談に乗って頂けて、本当に頼もしい存在でした。

▶普段の仕事との両立はどのようされていたんでしょうか?

特に意識したのは時間の使い方です。

 

例えば、通勤時間や休み時間、つい仕事のメールチェックや考え事をしていた時間、音楽を聴いたり本を読んだりする時間などを細かく書き出し、必要のない時間を明確にしました。また、ダラダラと仕事をしてしまうのを防ぐために、帰る時間を明確に決めて仕事の効率化を実現しました。

 

それから、TOEIC®試験の学習が移動中にもできるよう、スマホ等を活用して解答できる環境を準備したり、机の上でなくても問題に取り組めるように付箋を活用したりもしました。

 

プログラム後半は、10分あれば何問やれる・・・など、スキマ時間を見つけるのが楽しくなっていました(笑)

▶受講後どのような変化がありましたか?

まだまだ私の最終的な目標には到達していませんが、プログリットのコンサルタントから学んだ学習法やセルフコーチングの手法を用いて、自分自身で英語のスキル向上ができる自信がつきました。

 

語学学習に終わりはないですが、今後の人生で英語と向き合っていくことが楽しみです。

▶最後に、プログリットを検討している方にメッセージをお願いします。

プログリットはただのマンツーマン英語塾とは違います。本気で今後の人生で「英語と付き合い続けていこう」とお考えの方には、プログリットを強くお勧めします。

 

短期間英語漬けで目標達成、それ以降もう英語とはさよなら、終わりでOK!という方は、ある程度評判のいいマンツーマン英語であればどこを選んでも良いと思います。

 

プログリットで得られるのは、英語力のみならず、自分自身を分析する力、タイムマネジメント、モチベーションを維持する力等、英語学習以外でも役に立つスキルだと思います。

 

プログリット受講中の短期間は、非常にハードで大変なことも多いですが、終わってみるとあっという間です。

 

本気でやり切る決意がある方は、ぜひプログリットを受講してみてください。卒業後の人生が変わると思います!

その他のインタビューはこちら

ご質問はこちら