ビジネス英会話もTOEIC®対策も。VERSANT®11点&TOEIC355点UP! | 英語コーチング プログリット(PROGRIT) | 一生モノの、英語学習体質を。

英語コーチング プログリット(PROGRIT) | 一生モノの、英語学習体質を。

ビジネス英会話もTOEIC®対策も。VERSANT®11点&TOEIC355点UP!

M.O

短期間で英語力を飛躍的に伸ばす。それを可能にするのが、短期で伸びる英語コーチング プログリット。

 

今回はビジネス英会話コースを受講しながらTOEICの点数も大きく伸ばしたOさんに、受講のきっかけや受講中の取り組み、受講後の英語力の変化などについて伺いました。

 

―まず、プログリット受講時の学習の目的をお伺いできますか

きっかけは転職でした。内資系の企業から外資系の企業に転職して、それをきっかけに英語を勉強しようと思いました。

 

今すぐに業務で英語を使うということはないですが、せっかく外資系に転職したので頑張ろうかなというのが最初の動機ですね。

 

それまでの仕事では英語を使えなくても全然やっていけたけど、勉強したいなとは常々思っていました。ただ、何から始めればいいのか分からなかったですね。

―数ある英語コーチングサービスの中から、プログリットを選んだ経緯は何ですか?

他社のサービスは結構敷居が高かったんですよね。ビジネス英会話コースを受けるにはTOEIC750点ぐらい必要で、点数が足りない人はまずTOEICコースからってルールがあって。

 

ちょっと門前払いだなという印象を受けました。

 

プログリットは特にそういう規定が無かったので(笑)最初に無料カウンセリングを受けて、良さそうだなと思ったのでそのまま受講を決めました。

―受講しようと思った決め手は何でしたか?

無料カウンセリングで満足度が高かったからですね。

 

どういうことをやるか実際に教えていただいて、納得いくものだったのでここに決めようと思いました。

 

私は理系出身なので、ちゃんとロジックに基づいて、こうやってやったら伸びるよというのを教えていただいたところがよかったですね

―受講する時の目標はなんでしたか?

それが全然明確な目標がなくって(笑)

 

プログリットを選んだ理由もそこで、目的が明確でなくてもウェルカムだったのがよかったですね

 

他社の英語コーチングは、確固たる信念があっていつまでに目標を達成する、それに向かって頑張りますといった目的意識が必要な印象を受けたんですけど、プログリットはそれがなかった。

 

ハードルが高くなさそうだと感じました。

―Oさんはビジネス英会話とTOEIC対策、どちらも勉強されたんですよね?

最初はビジネス英会話コースを受講していたんですけど、開始してから1カ月後ぐらいにTOEICスコアが必要になりました。

 

そこでコンサルタントさんに相談したら、英会話とTOEIC対策をどっちもやってくださって。

 

シャドーイングと多読はTOEIC対策にしつつ、スピーキング教材はビジネス英会話コースで勉強しました。TOEIC前の2週間だけはスピーキングをやめてTOEIC対策に専念していました。

かなり柔軟にカリキュラムをカスタマイズしてもらえましたね。

受講期間中の平均で1日3.3時間学習されていましたが、お忙しい中でも時間を捻出し、学習を継続する秘訣を教えていただけますか?

受講前に「プログリットをやる」と、友人に宣言することによって自分にプレッシャーをかけていました。宣言したからには、最後までやり抜くという強い意志で継続していましたね。

 

とはそれぞれの学習についてどういう目的・意図でやっていて、どういうことに注意しなきゃいけないかをちゃんと確認することです。納得感を持って学習をすることも継続の秘訣ですね。

 

時間捻出の秘訣はまとめて時間をとらないことです。細切れで学習する方が集中力が高まり、苦しさも軽減できたと思います。

 

受講期間中、どのようにモチベーションを保っていましたか?

面談やLINEでコンサルタントさんに相談できたのがよかったです。オンライン英会話が本当に苦手で、言いたいことを言えずに講師の話を聞くだけになることが多くて(笑)

 

そこでどうやったら楽しく話せるか、こういう議論をしたらもっと楽しめるんじゃないかといったアドバイスをいただけたのがよかったです。

 

TOEICに関しては、模試の成績が上がっていったのがモチベーションになりました。毎回模試のたびにできなかった点をフィードバックしてもらって、課題に合わせて問題集も選んでもらえて。効率よく勉強できたなと思います。

―担当コンサルタントはどうでしたか?

良かったです。同じ物理学のバックグラウンドがあったのでその話題で盛り上がったり。

 

「オンライン英会話の講師が苦手だった」とかそういう話も気軽にできました。

 

学習状況も上手くコントロールしてもらえました。体調悪いときには課題に優先順位を付けていただいて、今日はここまでやったら十分ですよとか、本当に体調悪いんだったら今日はやらない方が逆にいいですよというアドバイスをもらえたのがすごく良かったなと思いますね。

―受講前と受講後で変化はありましたか?

リスニングでは8年前にTOEICを受けたときには全く聞き取れなかったんですけど、プログリットで勉強したら前よりははるかに聞き取れるようになったなという実感を持てました。

 

あとは英語の講演とかも聞いてわかるようになりましたね。

 

他には、外資系の企業で働いているので社内のニュースが英語のメールで来るんですけど、それが辞書を引かずに読めるようになりました。それが大きな変化ですね。

―今後の目標はなんですか?

もっと思ったことをスムーズに口に出せるようにはなりたいなと思っています。

 

仕事では英語をまともに話せるようになって初めて英語を使う仕事が振られるので、そのレベルまで行きたいですね。

―最後に、プログリット受講を検討されている方にメッセージをお願いします

私はずっと英語を話せるようになりたいなと思っていたんですけど、いつも何から手をつけていいか分からず、いきなり洋書を読んで挫折したりして長続きしませんでした。

 

プログリットを受講して、何故自分は英語を話せないのか・聞きとれないのかを分かりやすく分析してレベルにあった方法を提示して頂けたので、無理なく日々の英語学習を習慣化できたと思います。


もちろん言語なので習得にはどうやっても時間が必要だと思いますが、理論に基づいた学習ができるのでプログリットはとても効率がいいと思いました。

 

ビジネス英会話とTOEICをハイブリッドでカリキュラムを組んで頂いたり、自分のその時のニーズに合わせて柔軟に対応頂いたので、その点に関してもオススメです!

その他のインタビューはこちら